会社概要

メッセージ

メッセージ
技術と品質
品質と製造
研究開発
品質と製造
多能工的要素が要求される生産部門、そして流通の合理化。

文具の多品種化が進展する中、生産ラインにおける商品と製造機械の関係が非常に重要になってきています。マルマンは生産の合理化を設立当初から重視。関連会社、宮崎マルマン(株)ではルーズリーフやノートの加工など大量生産部門の自動化をはかっています。相模工場では、流通の合理化を主眼に設備を新築。ユーザーのニーズに合わせ欲しいものを欲しい時に提供できるよう、材料が加工され運び出されていく過程が全て 1つの敷地内でスムーズに行われています。たとえば、資材を最適な状態で保管する倉庫を作業場と分離し、作業場と倉庫を隔てる扉は自動センサーで開閉するなど随所にその工夫が見られます。

創意工夫と情熱がマルマンの方向を決める、新たなる研究テーマを追い求めて。

「綴じ」に関する研究過程で生まれてきた新たなテーマ、それが「化学樹脂」の開発と応用です。コストを抑え、かつ利便性の高いものをと、素材の応用と活用に着手したのが1965年(昭和40年)。その成果として誕生したプラスチックバインダーは今もマルマンを支える主力商品の1つです。化学樹脂の利用範囲は、表紙やカバーなどにも及びました。「樹脂」に関わりはじめ、以来、その研究開発は続き、そしてその中でさらに新たなテーマを探究していく、これは、素材と商品のベストな関係を追い求めることが最重要課題と考えるからです。

つねに新しいものを、マルマンの製品は社員全員の発想から生まれる。

製品アイデアのルーツは全社員。そして、そのアイデアをふくらませ、試作品、製品化へとすすめるのが企画グループの精鋭メンバー。「会社一丸となっての製品開発」これが、生活の中に夢を追い続けるマルマンの企業姿勢でもあるのです。

PAGETOP