ZUAN LIFE! 〜毎日をデザイン(図案)する暮らし〜

     
ー毎日を“スケッチ”するようにデザインするー
「ZUAN LIFE!」とは、
毎日をデザイン(図案)する暮らしのこと。

「描くことで、きっと何かが動き出す!」
図案のさまざまな使い方から、あなたが夢を描き、
日々をデザインするきっかけを見つけてください。

デザイン、レイアウトを考える

●雑誌や書籍、Webサイトなどをつくる際、実際のデザインに起こす前にスケッチで、レイアウトやコンテンツのイメージを想像し、共有する。

●イベントや商品のポスター・フライヤー、レストランや喫茶店のメニューボードを考える際に、ラフイメージを描く。

デザイナー、イラストレーター、
編集者、ディレクターほか

サイバーエージェント デザイナー武原江美奈× 「図案」

「質感まで描く」デジタルにこそ必要な手描きの魅力

アイデアを練る・カタチにする

●新たな企画やアイデアを考える際、思いついた言葉や絵をさまざまな筆記具を使って描く。

●ラフアイデアを線で結んだり、囲ったり、色をつけたりして整理してふくらませる。

経営者、プロデューサー、ディレクター、
編集者、 広報担当、デザイナーほか

いろは出版代表・詩人 きむ× 「図案」

「呼吸をするように描ける」 発想のすべてを集約するモノ

ロフトワークディレクター石川由佳子× 「図案」

「企て屋」の 私が見つけた、自分と対話する場所

絵を描く・スケッチする

●外出先や旅先で、気に入った風景や人物をスケッチする。

●水彩画、油絵の構図を考えるための下描きをする。

●頭の中のイメージをスケッチして、カタチにする。

美大生、画家、イラストレーターなど
プロ・アマ問わず絵を描く人

「AIUEO」デザイナー 糸井侑× 「図案」

「思い出のスケッチを雑貨に」 込められた想いを、幸せを広げる

画家 山口 晃 ×「図案」

「マルマン スケッチブック」と、 伸びの良い海外メーカーの水彩絵の具

好きなものをまとめる

●旅行の写真やチケット、また収集している切手を貼るなど、好きなものをまとめる。

●家族や友人の写真を貼って、アルバムにする。

旅行者、収集家、家族、
保育士、先生ほか

情報を伝える・共有する

●会議やイベントの様子を、言葉やイラストでリアルタイムに描き出し共有する。また提案の際、手描きの企画書でプレゼンする。

●作品や実績を貼りつけ、ポートフォリオにする。

●テレビの制作現場で、カンペとして番組を進行する際に出演者への指示出しを行う。

営業、ディレクター、ファシリテーター、
コンサルタント、デザイナーほか

文具王高畑正幸× 「図案」

文具の国の王様 まっすぐな眼差しで世界をのぞむ

東京ヤクルトスワローズ つば九郎 ×「図案」

つば九郎のスケッチブックは「自由」の象徴

設計、構造化する

●マンションやビルなど新しい建築物を建てる際、建築図面やダイヤグラムを用い、完成予想図をイメージする。

●模型の構造図や回路図などを描く。

●システムを構築する際の要件定義、フローチャートを考える。

建築家、ディベロッパー、
SE、ディレクターほか

コンテを書く・プロットする

●映像やマンガのストーリーを考える際、プロットや絵コンテを描く。

●アニメや映像作品の原案やキャラクターの設定、ビジュアルイメージなどのたたき台を考える。

映像作家、監督、ディレクター、
漫画家、 アニメーターほか

音楽を奏でる・作曲する

●歌を歌ったり、楽器を演奏する際に楽譜を貼って、楽譜帳にする。

●歌詞を考えたり作曲をする際、フレーズやアイデアをスケッチする。

音楽家、シンガー、バンドマン、
合唱隊、 音楽の先生ほか

ミュージシャン奇妙礼太郎×「図案」

表現がどう生まれるかはわからない ただ無性に何かを描きたくなる瞬間がある