映像チームONIONSKIN✕「図案」

クリエイターズムービー
「21世紀のカンペ展」

MOVIE

創業者・井口興一の「子どもたちが思いきり夢を描けるように」という想いから、一貫して生活に寄り添い“夢を描く道具”だった「図案スケッチブック」と、新進気鋭の若手クリエイターとのコラボレーションムービー!

「カンペが美術的価値を持った未来のローカル情報TV番組」
というイメージで制作しました。
打ち合わせ中に
図案スケッチブックがカンペに使われている事を耳にした瞬間
頭の中に浮かんだ映像をそのままに作れたと思います。
#
ポップカンペ(ポップ体で描かれたカンペ)
#
シュールカンペ(夢で見たカンペ)
#
グラフィティカンペ(路上に指示が描いてあるカンペ)
#
等といった言葉の切れ端メモが
制作を通して私の部屋に散乱しました。
テレビの中のカンペというのは
VHSデッキの差込口から見えるメカニカルパーツのような
映像と自分をリンクさせてくれる何かだった気がします。
「めちゃめちゃイケてるッ!」
「とんねるずのみなさんのおかげでした」
等のバラエティ番組が制作中に終了したことは
私に大きく影響しました。
60周年というのは人間でいえば還暦
ほとんど親のような年齢の方に
自由に作らせていただけたことは非常に光栄です。
(Os 田村)


Animation:Os

Os

2010年頃に田村聡和と菅谷愛により結成されたアニメーションコレクティブ。 手法を問わず横断的にアニメーション表現を探求。 http://weareonionskin.tumblr.com/

映像作家ぬQ✕「図案」

クリエイターズムービー ぬQ「空をフリーダムに飛びたいな」

スケッチブック「図案」60thアニバーサリー クリエイターズムービー。 6o年間一貫して生活に寄り添い“夢を描く道具”だった「図案スケッチブック」と、 新進気鋭の若手クリエイターとのコラボレーションムービー!

イラストレーター/アニメーター北村みなみ✕ 「図案」

クリエイターズムービー 北村みなみ「THINKING」

スケッチブック「図案」60thアニバーサリー クリエイターズムービー。 6o年間一貫して生活に寄り添い“夢を描く道具”だった「図案スケッチブック」と、 新進気鋭の若手クリエイターとのコラボレーションムービー!

ミュージシャン奇妙礼太郎×「図案」

表現がどう生まれるかはわからない ただ無性に何かを描きたくなる瞬間がある

よく晴れた春の昼下がり、雑居ビルの屋上でスケッチブックの歌を奏でるのは、シンガーソングライターの奇妙礼太郎さん。今回、彼はマルマンからの「スケッチブックの歌をつくってほしい」という依頼を快諾し、ほぼ即興でその歌詞を図案スケッチブックに生み出し、カメラの前で出来たての曲を披露してくれました。

いろは出版代表・詩人 きむ× 「図案」

「呼吸をするように描ける」 発想のすべてを集約するモノ

京都の出版社・いろは出版の代表の木村行伸(きむ)さんは、一風変わった経歴を持つ人物です。詩人・きむとして発表しているポストカード作品は、ロフトや東急ハンズといった雑貨店で、累計販売数1000万枚以上を記録。また当初は自身の作品集を出版するためにスタートしたという、いろは出版の代表としても、本だけでなく、雑貨、似顔絵、ウェディング用品など、「出版」という領域を超え、さまざまな「ものづくり」に取り組んでいます。

SHARE
RELATED
映像作家ぬQ✕「図案」

クリエイターズムービー ぬQ「空をフリーダムに飛びたいな」

スケッチブック「図案」60thアニバーサリー クリエイターズムービー。 6o年間一貫して生活に寄り添い“夢を描く道具”だった「図案スケッチブック」と、 新進気鋭の若手クリエイターとのコラボレーションムービー!

イラストレーター/アニメーター北村みなみ✕ 「図案」

クリエイターズムービー 北村みなみ「THINKING」

スケッチブック「図案」60thアニバーサリー クリエイターズムービー。 6o年間一貫して生活に寄り添い“夢を描く道具”だった「図案スケッチブック」と、 新進気鋭の若手クリエイターとのコラボレーションムービー!

ミュージシャン奇妙礼太郎×「図案」

表現がどう生まれるかはわからない ただ無性に何かを描きたくなる瞬間がある

よく晴れた春の昼下がり、雑居ビルの屋上でスケッチブックの歌を奏でるのは、シンガーソングライターの奇妙礼太郎さん。今回、彼はマルマンからの「スケッチブックの歌をつくってほしい」という依頼を快諾し、ほぼ即興でその歌詞を図案スケッチブックに生み出し、カメラの前で出来たての曲を披露してくれました。

いろは出版代表・詩人 きむ× 「図案」

「呼吸をするように描ける」 発想のすべてを集約するモノ

京都の出版社・いろは出版の代表の木村行伸(きむ)さんは、一風変わった経歴を持つ人物です。詩人・きむとして発表しているポストカード作品は、ロフトや東急ハンズといった雑貨店で、累計販売数1000万枚以上を記録。また当初は自身の作品集を出版するためにスタートしたという、いろは出版の代表としても、本だけでなく、雑貨、似顔絵、ウェディング用品など、「出版」という領域を超え、さまざまな「ものづくり」に取り組んでいます。