図案スケッチブック

スケッチブックのある楽しい毎日を!
About Zuan Sketchbook

図案スケッチブックとは

日々の“ワクワク”を描き、
伝える――
毎日をデザインする
定番スケッチブック
生活に寄り添い、夢を描く。
図案スケッチブックは、1人1人の“想像力”をサポートする定番のスケッチブックです。

「子どもたちが、夢を思いきり描けるように」という創業者の思いから1958年に誕生。
いまでは子どもから大人まで、“表現”にたずさわる幅広い方に愛用されています。

上手でなくてもいい、走り書きでもいい。
手触りのいい真っ白な画用紙に向き合えば、きっと何かが動き出すはず…

スケッチやデッサンはもちろん、企画やアイデアのラフスケッチ、ポートフォリオや思い出のアルバム作りまで、いつもあなたのそばに寄り添い、日々のクリエイティブな活動を支えます。
Feature

図案スケッチブック 3つのこだわり

表現を豊かにする
こだわりの紙質
図案スケッチブックは、紙を作る抄造(しょうぞう)の工程からオリジナルのレシピを開発し、
ひとりひとりの表現を豊かにするこだわりの紙質を追求してきました。

手で触れると少しザラザラしている紙の表面。
シボと呼ばれる凹凸は、水彩、鉛筆、クレヨン、パステルといった様々な画材を紙になじませ、
絵の具の鮮やかな発色や描線の自然な立体感を生み出します。

さらに、マルマンこだわりの原材料が、紙の表面にしなやかな強度を与えます。
消しゴムをかけても傷みにくく、保存性にも優れているのが特長です。

抄造された画用紙は、専門のペーパーマイスターが描き心地をチェック。
こうした工夫を重ねることで、あらゆるユーザーに愛される品質を保ち続けているのです。
ツインワイヤだから
スムーズに紙を
めくれます
スケッチブックの製本は、販売当初のスパイラル製本に比べてスムーズに紙をめくれるツインワイヤ製本に変わっていきました。
浮かんできたアイデアを描きとめたいとき、すぐにスケッチをはじめたいとき。
左右にズレが生じないので、ストレスなく作業に取りかかれます。
時を超えて愛される
表紙デザイン
時を超えて愛され続ける「図案」の“顔”は、デザイナー・奈良部恵三氏の手によるもの。
黄色と深緑色が交差する大胆な構成のなかに“Sketch Book”というちぎり絵風のロゴが入った柔らかく親しみを感じさせるデザインは、60年の時を経ても色あせることがありません。
だからこそ、10年後、20年後にあらためて見返したときにも、まるでタイムカプセルのように懐かしくそして鮮明に記憶をよみがえらせてくれるでしょう。

いつの時代でも、あなたと一緒のスケッチブック。
図案スケッチブックは、これからも時代を超えた定番の“顔”であり続けます。
Scene

活用シーン

“ワクワク”の生まれるところ。
図案スケッチブックのいろいろな楽しみ方!

  • 近所の風景を描く

    趣味で
  • ペン画で模写してみる

    趣味で
  • スクラップブックを作る

    趣味で
  • ライフログとして使う

    趣味で
  • 音楽ノートとして

    趣味で
  • ラフスケッチを描く

    仕事で
もっと見る
History of Zuan Sketchbook

図案スケッチブックの歴史

図案スケッチブック誕生

当時人の手で巻いていたスパイラル製本の効率化をはかるため、井口秀夫は戦後の渡航制限下に渡欧し、スパイラル製本機を買い付け、日本へ初導入する。製本作業を一括・自動で行うこの機械により、スケッチブックの本格的な量産が開始。そんな中今ではマルマンの看板製品である「図案スケッチブック」が誕生。

1958

誕生後、唯一の仕様変更

スケッチブックを開いたときに左右の画用紙のズレが生じないよう、スパイラル製本からツインワイヤー製本へ変更。

1992

グッドデザインロングライフデザイン賞受賞

図案スケッチブックがグッドデザインロングライフデザイン賞を受賞。
また、発売50周年を記念してコーポレートマークを図案の柄に変更。
図案の色は「黄色と深緑」、コーポレートカラーは「黄色と黒」というちょっとした色の違いも。

2008

新たな図案スケッチブック

本社を中野に移転。親子で遊びながら楽しむ親子のコミュニケーションツールとして「図案スケッチブック ONEDAY」を発売、新たな価値を提供する製品が図案スケッチブックのラインアップに加わる。

2011

「描く」ためのバインダー

お気に入りの「絵」だけをまとめたり、気軽に持ち運びができるバインダータイプのスケッチブック「スケッチバインダー」が発売。
バインダーの使い方を「書く」から「描く」へ。

2017

これからも、みんなのそばに

主役は、いつも「使う人」。
「子供たちに思いきり夢を描いてもらいたい」
この思いは創業当時から変わることはありません。
すべての人の「書きたい」「描きたい」という気持ちに応えるために、図案スケッチブックはこれからも使う人の創造性をサポートしつづけます。

2021
Line Up

ラインアップ

製品一覧は
こちら